キャッシングの返済方法の残高スライド元利定額返済方式とは

消費者金融でお金を借入すると、当然返済しなければなりませんね。

大手消費者金融の返済システムは、

「残高スライド元利定額返済方式」

という返済方法を使っているところがほとんどです。

しかし、

「残高スライド元利定額返済方式ってなんぞや・・・?」

という方も多いと思いますので、今回はこの消費者金融の返済方法である、残高スライド元利定額返済方式について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

残高スライド元利定額返済方式とは?

残高スライド元利定額返済方式とは、簡単に言いますと「リボ払い」の事です。

リボ払いだと毎月の返済額が一定なので管理しやすいというメリットがありますね。

しかし、ショッピング等の分割払いとは違い、借入残高によって返済回数が変わってくるのです・・・

例えば、消費者金融で10万円の借入をしたとしましす。

そしてその10万円を返済しきる前に、追加で10万円を借りた場合、毎月の返済額は変わらないのですが返済期間が伸びてしまいます。

つまり、毎月の返済額は変わらないが、返済期間が延びるという事は総支払額がショッピングの分割払いとは違いかなり高くなるという事です。

それでは詳しく見ていきましょう!

残高スライド元利定額返済方式

残高スライド元利定額返済方式がリボ払いという事は分かったと思いますが、もう少し掘り下げて見ていきます。

キャッシングのリボ払いは「残高スライド元利定額返済方式」「元利定率リボルビング方式」があります。

大手の消費者金融では、この残高スライド元利定額返済方式を採用している場合がほとんどです。

今回は当サイトでも人気ののSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスを例に説明していきたいと思います。

ちなみに残高スライドと元利定額の意味は以下のようになります。

  • 残高スライド⇒借入残高に応じて返済額が変動
  • 元利定額⇒毎月の返済額が一定

最終借入後の借入残高に応じて、返済額が変動する方式になります。

また、設定された金額以上であればご都合にあわせて、いくらでも返済することが可能な方法でもあります。

借入残高 返済額 返済回数
30万円以下 借入後残高 × 3.61% (1,000円未満切り上げ) ~36回
30万円超過~100万円以下 借入後残高 × 2.53% (1,000円未満切り上げ) ~60回
100万円超過 借入後残高 × 1.99% (1,000円未満切り上げ) ~80回

例えばプロミスで10万円のキャッシングをした場合は以下のような毎月の返済額の計算になります。

【例 10万円×3.61%=3610円 (毎月の返済額は4000円)】

毎月の返済金額は、借入金額に上記表の一定の割合をかけた金額で、千円未満がある場合は切り上げて千円単位となります。

そして気になる利息ですが、残高10万円時の1ヶ月の利息は以下のような計算になります。

【例 10万円×17.8%(金利)÷365日×30日(1ヶ月)=1463円】

という事は、4,000円の支払いの内1,463円が利息と言うことになります。

ですから、毎月返済額が低いとその分返済期間が延びるので、完済後の利息合計は結構な金額になっていると言うことです。

消費者金融で実質年率18.0%とよく書いていますが、これは簡単に言いますと、「10万円を1年間借入すると利息が18,000円付きますよ!」という事です。

お金を借りるなら利息はできるだけ低い方がいいですね!

因みにプロミスの実質年利は「17.8%」になります。

以上が「残高スライド元利定額返済方式」の説明になります。

このようなリボ払いのおかげで毎月の生活が助かっている人もこの世の中たくさんいると思いますが、できる事なら少額の借入であれば返済できる時に一括で返済した方が良いと思います。10万円を超えると一括返済はなかなか厳しいと思いますが、3万円以下なら次の給料日にでも、一括で返済することは可能だと思います。そして、また必要になった時にキャッシングを利用してお金を借りれば良いと思います。

人気のカードローンランキング

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!