カードローンでキャッシングする際の在籍確認に必要な書類について

カードローンを申し込む際に必ず在籍確認があります。

在籍確認とは、「カードローンの申し込み時に記入する勤続先に本当に本人がその会社に勤めているのか確認すること」を言います。

基本的には電話による在籍確認なのですが、会社に電話されると都合が悪い人もいると思います。

そんな場合は、在籍確認を書類で済ますことが可能な消費者金融もあります。

具体的には、本人確認書類や在籍確認書類等をWebでアップロードして在籍確認してもらうという方法になります。

しかし、この書類による在籍確認をしてもらう場合は注意が必要です。
(※お客様の状況により電話による在籍確認が難しい場合、各種書類提出等の代替手段のご相談が可能です。ただし、ご要望に沿えない場合もあります。)

まずはスマホ等で撮影した本人確認書類(運転免許証)をアップロードするのですが、写真が不鮮明だとやり直しになります。

ですから、書類で在籍確認をする場合は名前や住所等がはっきり写るように撮影する事を注意してください。

ここで写真が不鮮明だと、はじめから審査のやり直しとなりかなりの時間のロスになってしまいます。

即日キャッシングする為には、この時間のロスが少しでもないようにしないといけません。

つまり、即日キャッシングを確実にするには前もって運転免許証の写真を撮っておくなどして、事前に必要書類を準備しておくと良いでしょう。

それでは、大手消費者金融系の在籍確認をクリアする為に必要な書類をご紹介します。

消費者金融 必要書類
プロミス 基本的に電話による審査になります。
モビット 基本的に電話による審査になります。
アコム 社会保険証、源泉徴収票、社員証、最新の給与明細2ヶ月分
アイフル 社会保険証、最新の給与明細1ヶ月分

書類で在籍確認を済ます場合は、上記の必要書類をWEBアップロードやメールで送信、FAX、無人契約機でスキャナ読み込み等の方法で各消費者金融へ提出するかたちになります。

しかし、各消費者金融によって必要書類の提出方法が異なりますので、事前に確認しておく事をおすすめします。

そして無事に在籍確認が完了すると、あとは無人契約機で最後の契約手続きを済ませてローンカードを受け取れば、据付のATMでお金を引き出して無事キャッシング完了となります。

キャッシングをする上で必ず在籍確認は必要になります。在籍確認は、自分が勤めている会社への電話連絡による確認が一般的なので嫌がる人も多いと思いますが、在籍確認の電話は「あくまでも本人がその会社に勤めているかどうかの確認」になりますので、本人が電話口に出る必要もないですし、電話連絡が入る時も金融機関名ではなく個人名で連絡してくれますので、会社にキャッシングがバレると言う心配はないのでご安心ください。

カードローンでお金を借りる!?即日キャッシング可能な金融機関

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!