Q.ATMでキャッシングの申込みはできる?

スポンサーリンク

A.ATMで申込みはできません

カードローンやキャッシングの申込みをコンビニや銀行ATMで、できると思っている人がいるみたいですが、ATMからのキャッシングの申込みはできません。大手消費者金融のキャッシングの申込み方法は「店舗窓口・ネット申込み・無人契約機」が一般的となっております。無人契約機とコンビニ等のATMは一緒ではございません。銀行カードローンの場合は、「銀行窓口・銀行内のローン契約機・ネット申込み・郵送等」が一般的となります。申込む銀行によって変わります。しかし、最近ではインターネットを利用してWEB申込みをされる方がほとんどです。その理由は「早い、簡単、24時間いつでも申込みができる」です。スマホが普及している事もあって、スマホからの申込み率も比較的高くなってきています。

カードローンとキャッシングの違いがわからない方はこちらのFAQをご参照ください。

消費者金融のキャッシングも銀行カードローンも最近では同義語として扱われていてますが、お金を借りるという意味では同じなのですが、それぞれの特徴が異なってくる為、自分に合った商品を選ぶと良いでしょう。双方の一番大きな違いは「総量規制」の問題です。

銀行系カードローンは総量規制に関係なく借入が可能で、消費者金融に比べると金利も低く借入する事が可能です。しかし、ネックなのは審査が厳しいという事です。

一方消費者金融の特徴は、銀行によりも金利は高めですが、審査に関しては比較的甘く借入しやすいと言うのが特徴です。あとは上記でも述べましたが、総量規制の問題があります。

どちらで、お金を借りた方が良いのか迷った時は、必要金額に応じて使い分けると、とても便利です。例えば、長期間で100万円以上の借入が必要な場合は、金利が低い銀行系のカードローンがお得でしょう。しかし、短期間で50万円以下の借入が必要な場合は消費者金融の方がお得となるでしょう。

消費者金融の場合は、審査が最も早く「最短1時間融資」も可能で、比較的審査が甘く通りやすいので、急ぎでお金が必要な場合はとても便利に利用できます。さらに、一部の消費者金融では無利息期間もあるので、短期で借入する場合は利息無しで借入する事が可能となります。

ATMでできる事

  • 借入(コンビニATMだと24時間借入が可能)
  • 返済(コンビニATMだと24時間返済が可能)

消費者金融でキャッシング契約をした場合は、提携銀行のATMやコンビニのATMからお金を引き出す事が可能となります。特にコンビニATMの場合は24時間可能なので深夜にお金が必要になった場合でもキャッシング可能という事です。

プロミスの場合だと、セブンイレブンやローソンのATMが利用できます。その他は(ファミリーマート・ミニストップ・デイリー・スリーエフ・Coco!)等です。

ただ、ATMで借入や返済を利用した際に手数料がかかってくるのでご注意ください。1回100円程ですが、毎回積み重ねていくと、そこそこの金額になってきます。

手数料を払いたくない人は、各消費者金融の無人契約機に併設されているATMを利用するか、インターネットバンキングの口座をお持ちであれば、ネットキャッシングするという方法もあります。この方法でしたら手数料はかかりません。

今日中にお金を借りる方法は即日キャッシング

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!