Q.キャッシング申込み時に嘘の申告をするとダメ?

スポンサーリンク

A.当たり前ですがダメです

キャッシングをする為には申込みをして、審査に通る必要があります。申込み時に「氏名、年齢、住所等」を記入していきます。そして、審査に最も必要な「年収、勤続先、勤続年数、雇用形態」も記入して申込みをします。そして、問題なければ、キャッシング可能となるのですが、この申込み時に虚偽の申告をする人が稀にいます。何の為に、嘘を付くのか?もちろんお金を借りる為だという事は分かるのですが、嘘を付くと審査にも影響する場合もあるし、その時は審査に通ったが後々嘘が発覚すると、最悪の場合一括返済を求められる場合や、今後一切借入をする事ができなくなってしまいます。

嘘を付く理由は、「年収が低いから、勤続年数が短いから、正社員ではない、他に借入がある」等です。これらの嘘は簡単に見抜かれます。その時は、スルーできても後々発覚します。特に、他の借入をごまかす人が多くいますが、金融機関は全てお見通しです。なぜなら、信用情報機関があるからです。

信用情報機関にはあなたの債務履歴が全て記録されています。例えば携帯電話の契約会社まで。携帯電話を購入する際に、分割で購入しますよね!その時に勤続先情報記入しますよね!これで、あなたの勤続年数が発覚します。消費者金融や銀行は審査時に必ず個人信用情報をチェックします。ですから、このようにその場で発覚する場合もありますし、後々発覚する場合もあります。嘘がバレると審査に影響します。それに、上記でも言いましたが一括返済を求められる場合もあるという事です。

最近の消費者金融では、パートやアルバイトの方でも普通に審査に通りますので、申込み時は嘘を付かずに正直に記入しましょう。

要はキャッシング審査に最も重要なのは信用情報です。ですから、過去に何も事故を起こしていない限りほとんど審査に落ちるという事はありません。先程も少し触れましたが、個人信用情報にはあなたの過去の債務履歴が全て載っています。「いつどこのクレジットカード会社と契約していついつショッピングで何円使った」「ドコモの携帯電話を24回払いの割賦払いで購入している」「プロミスで20万円キャッシングしていて返済中」等々、が全て載っています。

申込み時に個人情報の同意事項という項目があります。そこには、審査を進めるうえであなたの信用情報をチェックしますよという様な内容がかかれています。申込みをしたという事は、あなたは同意したという事になり、金融機関は信用情報を開示する事が出来ます。そして、金融機関はこの情報を必ずチェックします。過去の借入で事故(異動情報・延滞・遅延)が無いか、今現在どこで何円借入しているか?をチェックします。

そして問題なければ、審査はOKという事です。

ですから、嘘を付いても見抜かれる確率が非常に高いので、正直に申告をしてください。

今日中にお金を借りる方法は即日キャッシング

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!