Q.キャッシング申込み時にお金の使用目的は聞かれる?

スポンサーリンク

A.基本お金の使用目的は聞かれません?

消費者金融のキャッシングや銀行カードローンの申込み時に資金使途と言う項目があります。これは、お金の使いみちの事ですが、こちらに記入すれば細かく聞かれることはありません。例えば、生活費・車の整備費・飲食交際費・旅費費用等が一般的だと思います。基本的には生計費という事です。

住宅ローンの場合や、自動車ローンの様に目的がはっきりとしていないキャッシングは、主に生活費と言う方が多いと思います。特に多い理由は給料日までの生活費が足りないというパターンです。このような時に2.3万円借りると言う方が非常に多いです。消費者金融の場合、数日でしたら無利息期間もあるので、とても便利に利用する事が出来ます。

消費者金融でキャッシングを利用される方は、ほとんどの方が50万円以下のご利用だと思います。なぜなら、50万円以上の申込みになると収入証明書類の提出が必須になったり、在籍確認が書類審査対応ではなくなったりと、いろいろ制限されてしまうからです。

それに、消費者金融の場合は総量規制の問題もありますので、なかなか100万円を超える借入は難しいと思います。総量規制とは、年収の3分の1までしか借入できないという規制です。

借金の使用目的で審査に落ちる事はほぼないのですが、申込み人の返済能力があるかどうかは判断されるので、返済能力が無いと判断されれば審査に落ちるでしょう。返済能力の他に、個人信用情報の問題もあります。では、返済能力とは何をもって判断されるのか?という事なのですが、以下の項目が主な判断材料となります。

返済能力の判断材料

  • 勤続先(大手企業・公務員・会社員・派遣社員・自営業・パート・アルバイト)
  • 年収(200万円以上か200万円以下であるかが一定の審査ライン)
  • 勤続年数(1年未満だと審査が厳しくなります。)
  • 雇用形態
  • 住居形態(本人所有・家族所有持家・賃貸)

以上が返済能力の判断材料となりますが、あくまでも基準なので勤続年数が1年未満であっても、年収が200万円以下であっても問題なく審査に通る場合もあります。つまり、上記の内容をクリアしていないからと言って、はじめからあきらめなくても大丈夫という事です。

もう1つの重要な判断材料は「個人信用情報」です。こちらは、信用情報機関という3つの機関があなたの過去の債務履歴を全て管理している機関です。クレジットカードの使用履歴、過去のキャッシング利用履歴、自動車ローンは組んでいるか、携帯電話は割賦契約しているか等々、全ての債務履歴をこの信用情報機関で管理されています。

金融機関は、この個人信用情報を必ずチェックします。そして、過去に事故情報等が無ければ、何の問題もなく審査に通るでしょう。しかし、過去に事故(異動情報・延滞・遅延等)を起こしていれば、間違いなく審査は落ちるでしょう。みなさんも聞いたことがあるとは思いますが、この事故情報とはいわゆる「ブラックリスト」の事です。

しかし、その事故情報(ブラックリスト)も数年経てば消えますので、数年後にはキャッシング可能となります。

つまり、申込み時にお金の使いみちは聞かれますが、それほど重要ではないので心配無用という事です。ほとんどの方が生活費という事は、金融機関側もわかっています。むしろ、生活費を貸付しているのですから。

事業資金として、利用したい場合は、事業資金は禁止している業者もありますのでご注意ください。それから、ギャンブル等の利用も禁止されていますのでご注意ください。

今日中にお金を借りる方法は即日キャッシング

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!