Q.借金の返済が遅れました、ブラックリストに載りますか?

スポンサーリンク

A.事故情報として記録されます

キャッシングでお金を借りたり、クレジットカードでショッピングをしたり、ローンを組んだりすると、必ず付きまとうのが「返済」です。この返済が滞ると、事故情報として信用情報機関に記録されます。この事故情報こそが、みなさんがよく言われる「ブラックリスト」の事です。

しかし、ブラックリストというリストが存在していると思っている方も少なくはありません。ですが、そのようなリストは実際には存在しません。個人信用情報に事故情報が記録されるという事実だけです。つまり、個人信用情報に過去の債務履歴が全て記録されていますので、借入の申込みや、ローンを組もうとしても、審査に通る事は100%無いでしょう。

キャッシングやローンの申込みをすると審査がありますが、その時に必ずチェックするのが個人信用情報です。その個人信用情報に事故情報が載っているとお金を借りる事はできません、事故情報とは【異動情報・延滞・遅延】等の事です。

個人信用情報とは過去の債務履歴がすべて記録されています。過去の債務履歴とは、クレジットカードの利用履歴、自動車ローンの利用履歴、キャッシング利用履歴、携帯電話の割賦払いの履歴等々、債務に関する情報全てです。

しかも、何月何日に契約して、何月の支払いが遅れて、何月は支払いが無かった、何月に完済した、と細かく記録されています。

ですから、返済が遅れると個人信用情報に記録されますので、新たにキャッシングやローンを申し込む際はかなり不利になってしまいます。

どのくらいの期間遅れるとブラックリストに載る?

事故情報として記録されるのは、長期延滞をした場合です。1日や2日遅れても事故情報とまではなりませんが、記録は残ります。ですから、返済は遅れずにする事を心がけましょう。長期延滞の期間なのですが、一般的には3ヶ月と言われています。3ヶ月間返済をせずに放置していると、事故情報として記録されます。

ですが、少しでも遅れると金融機関からまずは電話がかかってきます。その電話には必ず出るようにしましょう。そして、電話も出ずに放置すると、次は督促状が自宅に届きます。ですから、気づかないという人はほとんどいないと思います。そして、督促状も無視すると、最悪の場合裁判等にもなります。

ですから、支払いが遅れる場合は前もってコールセンターに連絡しましょう。そして、どうしても返済が不可能な場合は、弁護士や司法書士に相談して「債務整理・自己破産」等の手続きをするようにしましょう。放置していても、ろくなことにはなりません。

債務整理等をすると、当然ブラックリストの仲間入りですが、そのまま放置していてもブラックリストの仲間入りです。いずれにしてもブラックリストになる事は変わりませんので、早めに対策をする方が面倒も減って良いでしょう。それにブラックリストは永遠に残るものではないので、早め早めの対策が良いと言えます。

延滞で1~5年、債務整理や自己破産で5~10年ほどで消えます。詳しくは各信用情報機関のホームページにも記載がありますが、当サイトでも記事にしておりますので、よろしければご参照ください。

個人信用情報機関のブラックリスト

今日中にお金を借りる方法は即日キャッシング

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!