Q.キャッシング申込みには何が必要ですか?

スポンサーリンク

A.本人確認書類があればOKです

キャッシングを利用す際に、審査が必要になります。その審査に必要になってくる書類が「本人確認書類」です。本人確認書類と言ってもいろいろありますが、基本は「運転免許証」があれば大丈夫です。運転免許証が無い場合は下記のいずれかの書類をご用意ください。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

※外国籍の方は「在留カード」または「特別永住者証明書」が併せて必要になります。(法令により有効とみなされる期間内は外国人登録証明書も含む)
※申込額によっては収入証明書類が必要になります。
※個人事業主の方は確定申告書の写しが必要になります。

上記の内のいずれかがあれば、キャッシングはご利用になれます。それから、1つご注意いただきたいのが、本人確認書類記載の住所と、申込み住所が異なる場合は下記の書類も用意しておいてください。

  • 公共料金の領収証(携帯電話の領収証はダメです)
  • 社会保険の領収証
  • 国税・地方税の領収証
  • 納税証明書

運転免許証をお持ちの方は、お近くの警察署で新しい住所を裏面に書いてもらいましょう。それから、消費者金融等でお金を借入する場合、申込み金額によっては収入証明書類が必要になってきます。

  • 消費者金融・・・50万円以上の借入
  • 銀行・・・100万円以上の借入
  • 上記の場合は、収入証明書類が必要になりますので、あらかじめご用意ください。また、複数社から借入する際も収入証明書類は必要になりますのでご注意ください。

    収入証明書類

    • 源泉徴収票
    • 公課証明書(公的な所得証明書)
    • 直近2ヶ月分の給与明細(金融機関によっては数か月分)
    • 確定申告書写し(自営業者の方)
    • 納税証明書(自営業者の方)

    会社員の方は、源泉徴収票もしくは、給与明細があれば大丈夫です。その他は住民税決定通知書でも大丈夫です。自営業の方は、確定申告書の写しを提出するのが一般的です。キャッシング申込み時に、突然用意するのは難しいと思いますので、50万円以上の借入を希望する方は、事前に用意しておきましょう。

    50万円以下でも収入証明を提出すると良い事がある

    キャッシングの申込額が50万円以下の場合は、基本的に本人確認書類だけで、お金を借りる事が出来ます。しかし、審査内容によっては収入証明書類を提出した方が良い場合や、提出した方が得をする場合があります。

    1. 自営業で収入証明書類の提出をした方が良い場合
      自営業者の方は、はじめてのキャッシングの場合50万円で申込みをしても、10万円しか借りれない場合があります。そんな時、収入証明書類を提出すれば、限度額を増額してくれる場合もあります。このような場合も実際ありますので、事前に用意して起きましょう
    2. 収入証明書類の提出でポイントが加算される
      これは、「プロミス」に限っての話なのですが、プロミスはお得なポイントサービスがあって、そのポイントを利用して「無利息期間」や「ATM手数料無料」等のサービスを受ける事が可能なのです。収入証明書類を提出するだけでポイントがもらえるので、提出した方が良いですよね。

    上記のように、なにかと自営業者の方には審査が厳しくなりがちなのですが、これは銀行でも消費者金融でも同じです。しかし、確定申告書の写しを提出すれば、限度額を引き上げてくれる場合もありますので、事前に用意しておくのがベストでしょう。それから、プロミスをご利用予定の方は、お得なポイントが加算されますので、ポイントサービスを利用しましょう。

    今日中にお金を借りる方法は即日キャッシング

    スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!