Q.キャッシング審査は勤続年数が関係しますか?

スポンサーリンク

A.勤続年数は原則関係あります

キャッシングをご利用する場合は、消費者金融でも銀行でも必ず審査が行われます。その審査対象になる内容は、申込み時に記入した内容になります。氏名や住所は本人確認書類と照らし合わせて問題なければ良いのですが、問題は「勤続先・勤続年数・年収・雇用形態・住居形態」です。これらの項目を金融機関はチェックします。そして、個人信用情報も併せてチェックします。

中でも特に厳しくみられるのが、年収、雇用形態、勤続年数、個人信用情報です。キャッシング審査で一般的に必要な年収は「200万円以上」と言われています。それから、雇用形態は「正社員」、勤続年数は「1年以上」です。個人用情報は過去の債務履歴をチェックして、申告している借入内容と相違が無いかや、過去に事故歴が無いかをチェックします。

上記で厳しいと言いましたが、必ずその条件をクリアしていないと、審査に通らないという訳ではありませんのでご安心ください。しかし、個人信用情報に関しては、かなり厳しくチェックされますので、ご注意ください。

特に過去の事故情報(ブラックリスト)です。事故情報とはいわゆるブラックリストの事です。詳しくはこちらの記事をご参照ください。

個人信用情報に問題が無ければ、ほとんど審査には通るでしょう。例えそれが勤続1年未満でも通る可能性は十分にあります。しかし、銀行カードローンの場合は必ず1年以上や、中には2年以上という厳しい銀行もあります。ですから、勤続年数が短い人は、一度消費者金融に申込みをしてみてください。

しかし、勤続年数は長ければ長い方が良いですし、年収も高ければ高い方が良いという事です。例えば、勤続年数が半年の年収250万円のAさんに50万円貸付するよりも、勤続年数10年の年収600万円のBさんに50万円貸付した方がいろいろな意味で貸付する金融機関も安心できますよね。

公務員や大手企業の方は審査に有利です

申込み人の職業が公務員や大手企業の場合は、キャッシング審査にとても有利になります。公務員はなんと言っても安定の職業になるので、特に有利です。以外ですが公務員の方も実はキャッシングを良く利用されています。公務員という職業は、副業が禁止されていますので、給料日までの間に急な出費がかさんだ場合等に数万円だけ借入すると言う時に良く利用されています。

大手企業の方も、給料が高くクビになりにくい職業ですので、金融機関も安心してお金を貸付してくれます。しかし、こういう職業7の方ほど在籍確認を嫌います。ですが、公務員の方や、大手企業の方は知っている人が少ないと思いますが、最近の消費者金融は一部の業者ですが、在籍確認の電話連絡がありません。つまり、在籍確認は健康保険証等を提出すれば会社に電話されないからバレないという事です。在籍確認が無いと、お金に困った時に安心して借入することができますね。

勤続年数は原則関係ありますが、例外もあるという事です。

今日中にお金を借りる方法は即日キャッシング

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!