Q.キャッシング審査の在籍確認は絶対あるの?

スポンサーリンク

A.在籍確認は8割あります

銀行にしても消費者金融にしても、カードローンの申込みをすれば必ず審査があります。その審査の中で消費者に最も嫌われているのが在籍確認です。在籍確認とは、申込み人が本当に会社に勤めているかの確認を、実際に勤続先に電話をかけて確認する審査の事です。この会社に電話をされるという行為が嫌がられます。やはり、人間だれしもお金を借りる事を会社の同僚にバレたくないものです。ですが、お金を貸す側の消費者金融や銀行としては、やらざるを得ない審査なのです。

しかし、在籍確認の方法には2種類あります。在籍確認が無い場合も事実あります。在籍確認が8割あると言ったのはそういう意味です。1割は、在籍確認がどう言う訳か無い場合。もう1割は、在籍確認を電話では無く、「書類審査」で済ますという事です。この方法は、一部の消費者金融でしか行われていません。(※お客様の状況により電話による在籍確認が難しい場合、各種書類提出等の代替手段のご相談が可能です。ただし、ご要望に沿えない場合もあります。)

銀行の場合は100%電話による在籍確認が行われています。しかし、一部の消費者金融では在籍確認を「社会保険証等」のデータ(スマホで撮影)送付すればOKとしてくれます。この方法を利用すれば、会社にもバレる心配はありません。

それから、みなさん在籍確認を嫌いますが、実はあまり知られていないのですが、電話は本人が出なくても良い、消費者金融名や銀行名では無く個人名で電話をしてくる、という事です。ですから、会社に電話が入っても、バレにくいという事です。

例えば、あなたが留守中に【金融機関:「〇〇ですけど、△△さんいらっしゃいますか?」あなたの会社の事務員等:「ただいま席を外しております・外出中です等」】これでOKです。要はその会社にあなたが務めていると分かればOKなのです。そのような者はおりませんがと言われればOUTです。

ですから、そこまで心配しなくても大丈夫です。どうしても、在籍確認の電話が嫌だという人は、書類審査が可能な「モビット」で申し込むと良いでしょう。モビットなら50万円以下の借入なら、在籍確認を電話ではなく、書類で対応してくれます。

今日中にお金を借りる方法は即日キャッシング

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!