Q.キャッシング審査に収入証明書類は必要?

スポンサーリンク

A.借入金額によっては不要です

消費者金融のキャッシングや銀行カードローンを、申込む際に「収入証明書類」は必要ですか?と良く聞かれることがあるので、こちらにまとめておきます。

収入証明書類は借入額によって、提出しなければなりません。消費者金融では50万円以上の借入、銀行では100万円以上の借入を希望する場合は、収入証明書類の提出を求められます。銀行によっては。200万円、300万円以上から必要となります。

消費者金融からお金を借りる場合1つ問題があります。それは「総量規制」です。このあまり聞き慣れない総量規制とは、簡単に説明しますと、年収の3分の1までしか借入できないという規制です。つまり、年収が300万円の場合は100万円が限界という事です。

しかし、この規制は貸金業者対象の規制ですので、銀行カードローンは関係ありません。

収入証明書類

  • 源泉徴収票
  • 公課証明書
  • 給与明細(直近2ヶ月分が一般的)
  • 確定申告書
  • 納税証明書

消費者金融で50万円以上の借入、銀行で100万円以上の借入申込みをする際は、事前に上記の書類を用意しておきましょう。給与明細を提出される場合は、金融機関によって都度変わりますので、事前に確認しておいた方が良いでしょう。

収入証明書類が必要な理由は、単純に申込み人に返済能力があるかを確認する為の判断材料とする為です。、それから、総量規制に引っかからないかも確認されます。消費者金融でキャッシングを利用する場合は、他社での借入金額も関係してきますので、50万円以内の申込みでも、既に他社でキャッシングを利用している場合は、必要になる場合もあります。

総量規制の対象とならない借入はこちら⇒Q.消費者金融は総量規制の対象?

総量規制は平成22年に貸金業法改正で改められた制度です。総量規制が実施されるまでは、個人の借入できる額に規制がなく、多重債務者が急激に増え大きな問題となりました。(詳しくは総量規制とは

自営業の方は収入証明書類が必要になる場合があります

消費者金融でキャッシングをする際に、50万円以下の借入の場合は原則収入証明書類は不要ですが、場合によっては提出を求められる場合があります。これは自営業者の方には限らないのですが、特に自営業者の方は多いみたいです。

実際に、会社員の方でも収入証明書類の提出を求められる場合もあります。これは、申込み本人に返済能力があるのか?と判断された場合です。お金を貸し付ける以上、返済できない人には、消費者金融もお金を貸さないという事です。

ですが、この判断は何をもって判断しているのかは不明です。おそらくですが、勤続年数が短い、年収が低い等が最もな理由だとは思うのですが、自営業の方は事業を起こして間もない、3年未満の方等です。このような場合、申込み額が50万円だとしても減額される場合がほとんどです。

そして、収入証明書類を提出すれば限度額を増額しますという様なパターンです。つまり、「10万円ならご融資可能です!ですが収入証明書類を提出していただくことで30万円まで融資します」という事です。

ですから、自営業の方はあらかじめ収入証明書類(確定申告書の写し)を用意しておいた方が良いでしょう。それから、勤続年数が1年未満の会社員の方等は、直近数ヶ月分の給与明細を用意しておいた方が良いでしょう。

詳細は、WEB申込み後に自動審査に入り、オペレーターから確認の電話が入ります。その時に、収入証明書類の有無が分かります。必要と言われれば必要書類の確認をするのが、良いでしょう。特に何も言われなければ不要という事です。

今日中にお金を借りる方法は即日キャッシング

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!