Q.キャッシング審査で落ちました…

スポンサーリンク

A.2社目で通る可能性はあります

キャッシングの審査は、基本はほぼ一緒ですが各金融機関によって一部基準が異なります。ですから、1つの業者に申込みをして審査に落ちても、次の業者で審査に通るという可能性は十分にあります。

それに、申込み先が銀行と消費者金融によっても審査内容が大きく変わってきますので銀行がダメな場合は、消費者金融で申込みをしてみてください。すると、すんなり審査に通る場合があります。実際に私がそうでしたから。

しかし、2社目も審査に通らなければ少し考え物です、3社目の申込みをしても大丈夫ですが、3社目も審査に落ちるような事があれば、個人信用情報を疑った方が良いでしょう。そして4社目の申込みはやめておきましょう。3社以上の申込みは「申込みブラック」になる可能性が非常に高いです。本当は2社で止める方が良いと言われています。

カードローンやキャッシングはたくさんの金融機関で取扱いがあり、誰でも簡単に申込む事が可能なのですが、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる作戦は自分を追い込むことになってしまうので、やめておきましょう。

消費者金融のキャッシング審査は、銀行カードローンに比べると、審査は甘いです。ですから、普通に収入があり、他社での借入等が無ければ審査に通るはずです。1つぐらいは落ちる事も良くありますが、2つ3つと審査に落ちるという事は、何か問題があるという事です。それに金融機関等は、なぜ審査が通らないかという事は絶対に教えてくれません。返ってくる答えはこうです「総合的判断」この一言で終わりです。

3社共審査に落ちた場合

3社共審査に落ちた場合は、まず疑う事は「年収・勤続年数・雇用形態」です。アルバイトで勤続年数が1年未満、年収は100万円以下、このような場合は審査に通りにくいです。ですから、このような内容に心当たりがあるなら、せめて勤続年数が1年を超えるまで我慢すれば、通る確率はグンッと上がります。キャッシング審査の基本は年収200万円以上、勤続年数1年以上と一般的に言われています。上記の場合はどちらもクリアしていないので、審査に落ちたと判断できます。しかし、勤続年数だけでも1年以上でクリアしていれば比較的審査は通りやすくなるでしょう。ですから、このような場合は少し期間を空けてから再チャレンジです。

上記の内容に心当たりがない!年収も200万円以上ある!勤続年数も2年以上だ!という方は個人信用情報に問題がある可能性があります。個人信用情報とは過去の債務履歴がすべて記録されている資料です。この情報は、3つの信用情報機関が管理しています。そして、キャッシング審査ではこの情報を必ず確認します。つまり、この情報内に事故情報等があるとキャッシングする事は不可能という事です。事故情報とは「ブラックリスト」の事です。

もう1つ疑える理由があります。それは総量規制です。現在他の消費者金融や、クレジットカードのキャッシング枠を利用していないかという事です。消費者金融は総量規制の対象となる為、「年収の3分の1」までしか借入する事が出来ません。つまり、年収が300万円なら100万円までです。例えば他の消費者金融で50万円と20万円、クレジットカードのキャッシング枠で20万円と借りている場合等です。この場合だと残り10万円の枠が空いていますが、総量規制いっぱいまで貸し付けしてくれる事はほとんどないでしょう。

その他にも車のローンで200万円、ショッピングで10万円となってくると、金融機関は多重債務者と判断します。それに、ここまでの借入額になってくるとおそらくまともに返済していないと思います。返済状況も個人信用情報ですべて記録されていますので、まず審査に通る事は無いでしょう。

今日中にお金を借りる方法は即日キャッシング

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!