Q.キャッシングは住宅ローンに影響する?

スポンサーリンク

A.遅れず返済していれば問題ありません

キャッシングをしていると、住宅ローンが組めないとよく聞きます。しかし、それは間違いではないのですが、キャッシングを利用していても大丈夫です。ただし、返済状況に延滞等が生じていた場合は影響してきます。これは住宅ローンに限らず、全てのローンや、キャッシング審査に影響してきます。

金融機関のローン商品等は、信用情報機関が管理する個人信用情報を確認して、審査を進めていきます。個人信用情報とは、過去の借入内容、現在の借入状況、過去から現在に至る返済履歴等がすべて記録されている情報です。つまり、信用情報機関には、過去のすべての債務履歴が記録されているという事です。その旨は、ローン契約等をする際に、必ず契約書等に記載されています。そして、その履歴は5年間記録されます。

住宅購入を検討している方で、心配な方は一度自分の「個人信用情報」を取得してみると良いでしょう。そこに、過去の自分の債務履歴が全て記載されています。車のローンやクレジットカード利用履歴、携帯電話の購入履歴等も全て載っています。その、個人信用情報に事故履歴(異動情報・遅延・延滞等)があると、俗にいう「ブラックリスト」と言うやつですね!住宅ローンに限らずローン自体が厳しくなるでしょう。

しかし、そうでない場合は問題なく住宅ローンや自動車ローンが組めるという事です。キャッシングしていると、住宅ローンに影響する場合もあるが、一概にそうは言えないという事です。

ですから、キャッシング等を利用していても、普通に遅れることなく、返済していれば住宅ローンや、自動車ローンには影響しないという事です。

個人信用情報の取得方法

信用情報機関は3機関あります「全国銀行協会」「CIC」「JICC」です。これらは、順に、銀行系の信用情報機関、CICはクレジットカード系の信用情報機関、JICCはクレジットカードとキャッシングの信用情報機関となっています。

銀行の住宅ローンは基本すべての個人信用情報を開示して確認します。ですから、3つの信用情報を取得する事を、おすすめします。下記に公式サイトのリンクを貼っておきますので、それぞれのサイトから取得可能となります。

各信用情報の取得方法

  1. 全国銀行協会
    下記リンクから公式サイトに入る⇒全国銀行個人信用情報センターをクリック⇒本人開示の手続き⇒登録情報開示申込書等の必要書類の詳細(ご本人用)を印刷して、必要事項を記入して郵送で送ります。約1~2週間で自宅へ届きます。
  2. 全国銀行協会

  3. CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)
    下記リンクから公式サイトに入る⇒自分の信用情報を確認をクリック⇒お申し込み方法が選択できるようになっているので、自分に合った方法で取得してください。
  4. CIC

  5. JICC指定信用情報機関
    下記リンクから公式サイトに入る⇒情報開示手続等のご案内より、自分に合った方法で取得してください。
  6. JICC

今日中にお金を借りる方法は即日キャッシング

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!