Q.キャッシングの返済は待ってもらえますか?

スポンサーリンク

A.可能ですが遅延損害金が発生します

消費者金融や銀行でキャッシングをしている場合、毎月決まった日に決まった金額を返済しないといけません。しかし、返済が遅れてしまう場合、待ってもらう事はできますが、遅延損害金が発生します。それに、返済が遅れるのであれば、事前に各消費者金融のコールセンターに連絡を入れる必要があります。

なぜなら、連絡を入れずに放置すると、電話がかかってきます。そして知らない番号だからと言って、無視すると勤務先に催促の電話が入る場合があります。消費者金融名は伏せて電話してきますが、会社に催促の電話が入ると、周りの目もありますし、あまり気分の良い事では無いと思います。

ですから、キャッシングの返済は遅れずに決まった返済日にしっかりと返済する事を心がけましょう。どうしても、遅れる場合は必ずコールセンターに事前に連絡を入れておきましょう。それから、最近では各消費者金融の会員サイトから、返済予定日を知らせることができるようになっています。公式サイトから、会員ページにログインして返済できる予定日を登録しておけば、その日までは待ってくれます。

ですが、会員ページを利用できない場合は、必ず電話で連絡を入れておいてください。あおれから、当たり前ですが、返済が遅れると遅延損害金が発生しますので、その事も頭に入れておいてください。

ですが、キャッシングの返済方法はほとんどの方がリボルビング方式で返済していると思いますので、支払いができないという事は少ないと思います。それから、返済が頻繁に遅れたり、長期的に遅れたりすると、個人信用情報に記録が残ってしまいますので、今後の借入やローンに不利になってしまいます。

最悪の場合「ブラックリスト」になってしまいます。ブラックリストとは、個人信用情報に事故情報として記録される事です。個人信用情報は、キャッシングやローンを利用する際に審査が行われますが、金融機関は必ずこの情報を開示してチェックします。

その際に、返済状況が頻繁に遅れていたり、異動情報等が載っていると審査に通る事は無いでしょう。それどころか、一旦記録されるとある一定期間お金を借りるという行為が出来なくなってしまいます。詳しくは「個人信用情報機関のブラックリスト」をご覧ください。

催促の電話を無視し続けると

催促の電話が自宅や携帯にかかってきて無視し続けると、勤務先にかかってくる事もあります。それでも、無視を続けると、今度は自宅まで取り立てに来ます。ですが、勤務先まで取り立てにくることはありません。それは、貸金業法で定められているからです。

しかし、取り立てにくるという事はもうすでに「ブラックリスト」の仲間入りをしているでしょう。ブラックリストになると、人生が終わるわけではございませんが、気分の良い物ではないでしょう。それに、お金を借りる事ができないとなると、生きていく上で何かと不便になります。

キャッシングの返済は待ってはくれますが、遅延損害金が発生します。遅延損害金+利息+元本の返済になるので、遅れれば遅れるほど、借入額が高ければ高いほど苦しくなるでしょう。ですから、キャッシングを利用する際は、必ず返済できる金額で抑えておきましょう。

今日中にお金を借りる方法は即日キャッシング

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!