Q.キャッシングの審査時間はどれくらい?

スポンサーリンク

A.最短で30分程です

キャッシングやカードローンを利用する際に必ず審査が行われます。これは、申込み人に返済能力があるかを調べる審査です。最近の消費者金融の審査時間は最短で30分とかなり早く、ある業者では「最短1時間融資も可能」となっています。最短1時間融資とは、申込み⇒審査⇒キャッシングまでの時間が1時間で可能という事です。お急ぎの方はものすごく助かりますね、銀行カードローンと消費者金融カードローンの審査時間を比較してみると、圧倒的に審査時間が早いのは、言うまでもなく消費者金融です。(最近はキャッシングもカードローンも同義語として扱われています。)では、なぜそれほど審査が早いのか?なのですが、決して適当に審査をしているわけではございません。

金融機関はキャッシング審査をする際に、過去の膨大なデータを元にこの条件なら貸付OK、貸付不可、という判断を瞬時にコンピューターで行います。これは自動審査と言って、WEB申込み後、申込み人が記入した情報をコンピューターが瞬時にデータ処理します。ですから、申し込み後15分ほどで、オペレーターから、確認の電話が入ります。そして、この時点ではあくまでも、仮審査がOKという事ですので、ここから本審査へと入っていきます。

WEB契約で振込みを希望するのであれば、本人確認書類等をWEBアップロードやメールでデータ送信をして、本審査が行われます。来店(無人契約機)契約の場合は、必要書類を持参して、無人契約機等で契約手続きをしていきます。ここまでの時間が最短1時間という事です。

本審査の時間はどれぐらい?

では、本審査はどれぐらいの時間を要するのかなのですが、これも正直まちまちです。上記での仮審査は、あくまでもコンピューターによる、各消費者金融の過去のデータと照らし合わせたスコアリングと思って下さい。

本審査は、借入限度額の確定、勤続先への在籍確認等を行います。消費者金融では、どこの業者も借入限度額は500万円というのが一般的ですが。はじめてのキャッシングから、限度額いっぱい借入する事は不可能でしょう。その理由は、主に総量規制の問題です。

それから、在籍確認とは、実際に申込み時の記入先の会社に勤めているかの確認を電話で行う審査です。これで、在籍確認が取れればほぼ審査は合格です。あとは、問題の借入金額です。※在籍確認は電話による方法と、書類による確認方法を選べる消費者金融もあります。

ですから、消費者金融の各ホームページに最短30分と記載がありますが、何も問題なくスムーズに審査が進めべ最短30分審査というのも可能という事です。

ですから、巷でよく言われている審査が数秒で終わる、30分で借入できた、というのはあまり信用しない方が良いでしょう。申込み人の属性によっては、審査時間も大き変わってきますので、早い場合でも1時間、遅い場合は数時間かかる場合も実際にあります。

即日キャッシング、当日キャッシング、という言葉を最近よく耳にしますが、現実的に無理な話ではなく、即日キャッシングを利用する事は可能となります。ただし、振込みキャッシングを利用される場合は、銀行の営業時間と関係してきますので、ご注意ください。ただし、申込みをする消費者金融と提携があるネットバンキングを利用する場合は、24時間振込が可能となります。

ネットバンキングの口座をお持ちでない場合は、WEB申込みと無人契約機を併せて利用すれば、銀行の営業時間に関係なく、土日祝日でも、コンビニATMで24時間キャッシング可能となります。ただし、契約手続きはどこの消費者金融も大体夜の21時ぐらいまでしか行っていませんので、20時ぐらいまでには審査を済ませておかないと当日中のキャッシングは難しくなってくるでしょう。

という事で、キャッシング審査の時間は最短で30分が目安という事です。どうしても、今すぐお金が必要だ!という方は最短1時間融資も可能なプロミスに申し込んでみると良いでしょう。それから、30分や1時間でキャッシング可能なのは事実ですが、余裕を持って申し込むようにしましょう。

先にWEB申込みを済ませておくと、無人契約機での手続きがスムーズです。

人気のカードローンランキング

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!