おまとめローンの審査は甘いのか!?利用するなら消費者金融か銀行かどっち?

複数の債務(ローン)を一本化するのにとても便利なのが

「おまとめローン」

と言うローン商品になります!

おまとめローンを利用する事によって、複数の債務が一本化され、金利が下がることから返済総額も大幅に下がります。

しかも返済額も少なくなるので、毎月の負担が軽減され返済がとても楽になります。

つまり、おまとめローンは毎月の返済に追いつかなくなっている、

「多重債務者の為の救済措置のローン商品」

と言うことです!

消費者金融のおまとめローンは、通常のカードローンではなく証書貸付になりますので、

「総量規制対象外で借入する事が可能」

となります。

要するに、総量規制にかかってしまっている多重債務者を救済する為のローン商品なので、一般的なカードローンとは違うと言うことです。

「救済する為ならおまとめローンの審査って甘いのか!」

と思われがちなのですが、実際のところはどうなのでしょうか・・・

これからおまとめローンを利用しようと言う人は、いきなり審査を申込む前におまとめローンの審査が甘いのかどうかをチェックしておく事をおすすめします。

以下ではおまとめローンの審査が甘いのか、それとも厳しいのかについてと、それぞれの審査等の特徴について解説していきますので是非参考にしてみてください。

ちなみに銀行の場合は元々総量規制の対象外になります。

スポンサーリンク

おまとめローンの審査は甘いの?

多重債務者の為の救済措置としておまとめローンと言う商品があるのですが、実は一般的なカードローンの審査よりも厳しいと言われています・・・

「え!複数社から借入をして毎月の返済に困っている人を助ける為の借り換えローンなのに審査が厳しいの???」

と思われると思いますが、おまとめローンの審査が甘くないと言うのは現実なのです・・・

では、なぜおまとめローンの審査は厳しいのでしょうか?

その理由は、

「既に複数の貸金業者から多額の借金をしているから」

になります。

複数の貸金業者から借入をしていると言うことは、言うまでもなく高額の借金をしていると言うことになりますね。

その高額の借金を一本化すると言うことは、お金を貸す側からすると当然高額の貸し付けとなりますよね?

つまり、おまとめローンの取り扱いがある消費者金融や銀行は、高額の貸付けであればあるほど「貸し倒れ」のリスクが高くなってしまうので、金融機関各社の審査基準必然的に高くなってしまうと言うことなのです・・・

これが、おまとめローンの審査が一般的なカードローンの審査よりも厳しい理由であり甘くないと言われている理由なのです。

では消費者金融のおまとめローンと銀行のおまとめローンそれぞれの特徴を見ていきましょう!

消費者金融のおまとめローンの特徴は証書貸付

消費者金融のおまとめローンには2種類あるのですが基本的には、

「貸金業法に基づく証書貸付によるおまとめローン」

を利用する事となります。

もう一つは、通常のカードローンを利用してローンを一本化する方法になります。

ですが、その場合は総量規制の対象になりますので、相当な年収が必要になりますのでほとんどの人は無理でしょう・・・

要するに、消費者金融のおまとめローンを利用するほとんどの人が証書貸付によるおまとめローンと言うことです。

証書貸付とは、お金を借入する時に「金銭消費貸借契約」を締結し、その契約書内に「借入金額・借入期間・金利・返済方法」等を記載し、その内容に同意して署名捺印をしてはじめてお金を借入する事ができる貸付方法になります。

ですから、一般的なカードローンのようにローンカードが発行される事は無いですし、借入完了後のお金は借金の返済にしか利用する事ができません。

カードローンの場合は、お金を借入した後に返済が完了すれば限度額内であれば何度でもお金を借りる事は可能なのに対して、おまとめローンの場合は返済が完了した時点で契約終了となります。

しかも、貸金業法に基づく証書貸付によるおまとめローンを利用する場合は、現在借入をしている貸金業者への返済は、おまとめローンを申し込む金融期間側が各社へ返済すると言うかたちになります。

なぜなら、申込者の口座へ一旦振り込んでしまうと、返済をしないでお金を持ち逃げしてしまう可能性があるからです。

そのようなお金の悪用を防ぐために、必ず消費者金融側が返済を行うと言うかたちになっているのです。

その代り、審査通過率が高く総量規制にも関係なくお金を貸付してくれるのです。

要するに、おまとめローンの悪用はできないようになっていると言うことですね。

消費者金融でおまとめローンをする場合のメリットとデメリット

おまとめローンと言えば消費者金融を利用する人が過半数を占めます!

その理由は、

「銀行と消費者金融の審査を比較すると、消費者金融の審査の方が甘い」

と言われているからです。

つまり、消費者金融のおまとめローンは審査通過率が高いと言うことですね!

これが、消費者金融のおまとめローンを選択するメリットになります。

ただし!

全ての消費者金融の審査通過率が高いと言うことではないので、勘違いの無いようにしてください。

どういう事かと言いますと、

「同じ消費者金融でもおまとめローンに力を入れている業者とそうでない業者がある」

と言うことです。

ちなみに大手消費者金融の中でも「プロミス・アコム・アイフル」がおまとめローンを取り扱っていますが、プロミスやアコムはそこまで積極的におまとめローンに力を入れていません。

ですから、ハッキリ言いますとプロミスとアコムのおまとめローンの審査通過率は銀行なみに低くなっています・・・

しかし、アイフルの場合は「おまとめMAX」と言うおまとめローン専用の商品があるほど積極的に借り換えを行っていますので、圧倒的な審査通過率を誇っているのです。

また、消費者金融のおまとめローンは申し込む業者によっては審査通過率が高いのですが、金利が高いと言うデメリットがあります。

おまとめローンを利用する限りは、現在の借入金利よりも低くならないと意味がないのです・・・

せっかくローンを1本にまとめる事に成功しても、金利が高くなってしまうと返済総額が高くなるので、結果的に損をしてしまう可能背もあるのです。

しかし、ローンを1本化する事で毎月の返済額が下がるので負担が少なる事は確かです。

ですから、消費者金融のおまとめローンを利用する際は、しっかりと借り換え前後の金利をチェックする事と、返済総額を比較するようにしてください。

返済総額が高くなっても毎月の負担を減らせるのならOKと言う人には、圧倒的に審査が甘いと言われている消費者金融のおまとめローンがおすすめになります。

銀行のおまとめローンの特徴はカードローン

消費者金融のおまとめローンは証書貸付と言うかたちをとっていますが、銀行の場合はカードローンを利用します。

なぜなら銀行のカードローンは総量規制の対象外になりますので、年収に関係なくお金を借りる事ができるからです。

ですから、おまとめローンと言っても新規のカードローンの申込みとなり、審査結果による融資枠の範囲内で返済を行うと言うかたちになるのです。

つまり、銀行のおまとめローンの場合は通常のカードローンと言うことなのです。

例えば、複数の消費者金融で150万円の借金があるとします。

この場合は、銀行カードローンで新規に150万円の借入をします。

そして、銀行カードローンで借りた150万円で各消費者金融へ返済を行うと言うかたちになります。

銀行カードローンでおまとめローンをする場合のメリットとデメリット

銀行カードローンを利用したおまとめローンを利用する場合のメリットは、

「低金利で借入する事が可能で返済総額を減らす事ができる」

と言うことです。

基本的に銀行カードローンと消費者金融カードローンを比較すると分かりますが、元々の貸付金利が圧倒的に銀行カードローンの方が低いと言う事が分かります。

ですから、複数の消費者金融で借金がある場合は銀行カードローンのおまとめローンを利用する事によって、確実に金利が下がりますので返済総額を減らす事が可能になるのです。

しかし、銀行カードローンのおまとめローンの場合は、

「審査がかなり厳しい・・・」

と言うデメリットがあります。

銀行カードローンの審査時に資金使途を「他社債務の一本化」と伝える事で、多少は考慮してくれて審査に通りやすくなる可能性はありますが、それでも消費者金融の審査と比較すると圧倒的に厳しいと言うことが言えます。

消費者金融と銀行のおまとめローンだとどちらを利用するべき?

消費者金融と銀行のおまとめローンの特徴とメリットデメリットは上記で説明したとおりになります。

もう一度おさらいしますと、

「消費者金融のおまとめローンの場合は証書貸付で審査通過率が高いけど金利が高い」

「銀行のおまとめローンの場合はカードローンで金利が低いけど審査が厳しい」

と言う感じになります。

どちらのおまとめローンを利用した方が良いのかは、人それぞれ考え方が違うと思いますが、確実におまとめローンを成功させて今あるローンを一本化したいと言うのなら、比較的審査が甘いと言われている消費者金融のおまとめローンを利用した方が良いでしょう。

その代り、金利が高くなるので毎月の返済額が下がったとしても、返済総額が高くなってしまう可能性はあります。

ちなみに、消費者金融の上限金利は18.0%となっていますが、利息制限法の適用で100万円以上の借入の場合は、15.0%が上限金利となりますので、複数の消費者金融から借入をしているのでしたら、金利は安くなる確率が高いです。

例えば、A社50万円、B社50万円、C社50万円の合計150万円を消費者金融で18.0%の金利で借入した場合、アイフルのおまとめローンを利用すると「150万円(金利15.0%)」で借り換えする事が可能となります。

つまり、3.0%金利が低くなると言うことですね。

しかも、1つのローンになりますので毎月の返済額も大幅に減らす事ができます。

ですから、消費者金融のおまとめローンは金利が高いと言っても、複数社の消費者金融でバラバラで100万円以上借りていると言う人は圧倒的に金利が安くなるのです。

つまり、金利が下がるので返済総額も減りますし、毎月の負担も軽減されると言うことですね!

それ以上に、低金利で借入をして返済総額を少しでも多く減らしたいと言う場合は銀行カードローンのおまとめローンを利用した方が良いと思います。

審査に通る確立は非常に低くなりますが、少しでも多く借金の返済総額を少なくしたいのであれば銀行のおまとめローンを利用するべきでしょう。

以上の事から、

「毎月の返済負担の軽減を重視して借り換えたいと言う場合は消費者金融のおまとめローン!」

「低金利の借入で返済総額を減らしたいと言う場合は銀行のおまとめローン!」

と言う感じが良いと思います。

>>おまとめローンで借金を一本化!毎月の返済を少しでも楽に!

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!