銀行カードローンは保証会社との契約が必須条件

カードローンを申し込む際に保証会社との契約をしないといけない場合があります。

では、どのような場合に保証会社と契約をしないといけないのでしょうか?

答えは、「銀行系カードローン」を申し込む場合です(※消費者金融系は保証会社との契約は必要ありません。)。

スポンサーリンク

銀行カードローンを利用する際の保証会社とは?

銀行カードローンを利用する際の保証会社とは、「自分が銀行からお金を借りている場合で、返済が遅れた場合や返済ができなくなった場合に、保証会社が債務を引き受けてあなたの代わりに銀行に返済してくれる」機関の事を言います。

そして、銀行ではなく保証会社が、利用者から取り立て等を行います。ですから、銀行系カードローンを申し込む際は、銀行の審査+保証会社の審査に通らなければ借入をすることができないのです。

基本的に大手銀行の保証会社は、消費者金融や信販会社になっている場合がほとんどです。

また、それぞれの銀行によって保証会社は異なるのですが、同じ保証会社を使っている大手銀行も有ります。

というよりも、消費者金融が大手銀行の傘下に入ったという方が正しいと思います。

どういうことかと言いますと、消費者金融のグレーゾーン金利による過払い金返還請求で、当時の消費者金融の多くは業績が急激に悪化し単独での事業の継続が厳しくなった為大手銀行の傘下に入ったという事です。

すでにご存じの方もたくさんいらっしゃるとは思いますが、

  • 三菱東京UFJ銀行⇒アコム
  • 三井住友銀行⇒SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス
  • 三井住友銀行⇒モビット
  • 新生銀行⇒レイク

というような感じです。

その他に消費者金融のアイフルもありますが、アイフルは銀行の傘下には入らず単独での運営になります。

では、銀行がなぜ業績が悪化している消費者金融を傘下に入れたかなのですが、もちろん銀行にとってメリットがあるからなのです。

銀行は事業融資に関してはプロフェッショナルですが、個人融資となればそうでもなかったのです。

つまり、個人融資専門の消費者金融を傘下に置くことで、銀行はそのノウハウを手に入れたのです。

銀行にとってのリスクは無担保個人向け融資で、返済能力の無い人にお金を貸付し、貸付金の回収ができないという事です。

しかし、消費者金融を傘下に入れて消費者金融自体が保証会社となる事で、銀行はそのリスクを回避する事ができるのです。

そして、短時間での審査を得意とする消費者金融は、審査時に用いる蓄積されたデータで利用者のクレジットスコアリングをだして、借入可能かどうかの判断をします。

ですから、上記のようなノウハウを生かして、最も審査時間のかかる銀行系カードローンでも、最近では即日融資が可能となっている銀行もあるのです。

つまり、銀行カードローンの審査はほぼ消費者金融がしているという事になるのです。

銀行と消費者金融だと審査はどちらが通りやすい?

上記のようなことから、銀行カードローンの審査は消費者金融が行っているということなので、

「審査は甘いの?」

という点が気になりますよね。

ですが、実はそうでもないのです・・・

例えば、三井住友銀行カードローンとSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスのカードローンを同時に申込みした際に、三井住友銀行カードローンの審査はダメで、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは通った、なんてこともよくあります。

ですから、提携している銀行と、消費者金融では審査基準がおそらく違うと言うことです。

それは、借入限度額や、金利、総量規制等の問題もあるので、同じ審査機関が審査をしても答えは違うという事です。

ちなみに各銀行の保証会社は以下のようになっています。

銀行 保証会社
三菱東京UFJ銀行 アコム
三井住友銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
みずほ銀行 オリコ
りそな銀行 オリックスクレジット
イオン銀行 イオンクレジットサービス
オリックス・クレジット
オリックス銀行 オリックスクレジット
セブン銀行 アコム
楽天銀行 セディナ
東京スター銀行 新生フィナンシャル
ジャパンネット銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
住信SBIネット銀行 MBCコンシューマーファイナンス
オリックスクレジット

上記をご覧いただければ分かると思いますが、それぞれの銀行のカードローンの保証会社は消費者金融及び信販会社になっていますね。

つまり、銀行カードローンと言っても、最終的にお金を貸す貸さないかの審査は上記の保証会社が行っていると言うことなのです。

保証会社が審査をして何も問題なければ、保証会社と契約を交わして融資可能となるのです。

これが銀行カードローンは保証会社との契約が必須条件と言うことになります。

今日中にお金を借りる方法は消費者金融で即日キャッシングが一番!

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!