銀行と消費者金融のどちらのカードローンがお金を借りやすいのか

お金を借りるときに、「銀行カードローン」「消費者金融カードローン」のどちらかで申込みをすることになると思います。

お金を借りる時に、一番重視したいことが「借りやすさ」ですね!

「借りやすさ=審査が甘い」

だと思いますが、銀行と消費者金融だとどちらの方がお金を借りやすいのでしょうか?

今回は、銀行カードローンと消費者金融カードローンのどちらがお金を借りやすいのかについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

銀行と消費者金融の審査はどちらが甘い?

お金を借りる時は「審査の甘さ」がやはり一番気になると思います。

どうせ借入申し込みするなら、当然審査が甘く通りやすい方がいいですよね!

巷では消費者金融系のカードローンの方が審査が甘いと思われていますが、実はそうでもないのです!

というのも銀行系カードローンの審査も、実は消費者金融に審査を任せているからです・・・

ですから、消費者金融の方が審査が甘いというのはあくまでもただの都市伝説なのです。

では、実際どちらの方が審査が甘いのか?

なのですが、正直どちらの審査が甘いのかは一概に言え無いというのが事実です。

実際に申し込みをしてみると、

「A銀行では審査が落ちたのにB銀行では審査が通った!」

「A消費者金融もB消費者金融も審査に落ちたのにC消費者金融は通った!」

なんてことは良くあるのです。

ですから、どこの金融機関の審査が甘いというのは無いと思います。

という事は1つの消費者金融がダメだからと言って諦めなくても大丈夫という事です。

1つの消費者金融がダメなら次の消費者金融へ申し込みをすると良いでしょう。

※同時に複数社の審査を受けるのは審査に不利になる可能性が高いので十分ご注意ください。

銀行と消費者金融の違い

銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いは、「総量規制」です。

なかなか聞き慣れない言葉だとは思いますが、お金を借入する際に必要な知識になりますのでしっかりと覚えておきましょう。

総量規制について
総量規制とは、借りすぎを防止するために借金の合計が年収の3分の1以上にならないように過剰な貸付を禁止するための規制で、消費者金融系のカードローン会社に適用されます(銀行系のカードローンには適用されません。)。
【例 年収300万円の場合】
300万円×1/3=借入可能額100万円

上記の規制によって、多額の借入が非常に難しくなりました。

ですがこの規制が適用されるのは、消費者金融のみで銀行カードローンは対象外になります。

上記の規制は「貸金業法」であり、銀行には「銀行法」というものが適用されるので、総量規制に関係なく借入が可能となります。

つまり、高額の借入をしたい人は銀行カードローンに申込みをした方が良いと言うことになります。

銀行と消費者金融の違いは総量規制があるか無いかという事になります。

銀行と消費者金融の金利

お金を借入するという事は当然利息(金利)が付きますね。

でもどうせお金を借りるなら低い金利で借入したい思います。

一般的には銀行の方が金利が低くお金を借りる事ができます。

ちなみに消費者金融だと年利18.0%前後で、銀行だと年利14.5%程でお金を借りる事ができます。

数字だけを見ると、圧倒的に銀行カードローンの方がお得なイメージですが、消費者金融には以下のようなメリットがあります。

  • 即日キャッシングできる
  • 無利息期間がある
  • 家族にバレずに借入することができる
  • 在籍確認が書類で済む
    (※お客様の状況により電話による在籍確認が難しい場合、各種書類提出等の代替手段のご相談が可能です。ただし、ご要望に沿えない場合もあります。)

以上のようなメリットが消費者金融にはあります。

銀行カードローンは金利が低く総量規制の対象外と言うメリットがありますが、審査に時間がかかるので消費者金融の様に即日キャッシングは難しいでしょう。

また消費者金融のイメージを悪く持っている人も居ますが、実際はそうでもないのです。

近年では大手消費者金融も銀行の傘下に入り、銀行と消費者金融の境がほとんどなくなっています。

先程も言いましたが銀行カードローンの審査を消費者金融が行っていると言うのもつまりはそういう事なのです。

お金を借りる場合で、急ぎで小さい借入(50万円以下)で且つ短期間(30日以内)で返済するのなら、30日間の無利息期間がある消費者金融の方が断然良いと言うことです。

つまり、「大きい金額を長期的に借入するなら銀行カードローン」、逆に「急ぎで小さく短期間で借入するなら消費者金融カードローン」と言うことですね。

お金を借りる時の在籍確認は必須なの?

お金を借りる際に各消費者金融や銀行カードローンの審査に申込みをすると思いますが、その審査項目の中で「在籍確認」という項目があります。

在籍確認とは、申し込み本人が本当に申し込み時に記入した会社に勤めているのか電話で確認する作業になります。

在籍確認は基本的に電話による在籍確認が行われますが、銀行名や金融機関名ではなく個人名で勤務先に電話をかけてきますので、周りの人に消費者金融だとバレる心配もないので安心して利用する事ができます。

この在籍確認は、消費者金融によっては電話確認ではなく給与明細や源泉徴収票、社会保険証等による書類確認が可能な場合もあります。

しかし、最近では審査が厳しくなっているの為ほとんどの消費者金融が電話による在籍確認と言う方法を採用しています。

お金を借りるのに保証人は必要なの?

お金を借入する際に、銀行カードローンも消費者金融も保証人は必要なの?

という事なのですが、原則どちらも保証人は不要です。

なぜなら、保証会社が保証することになるので保証人は必要無いからです。

お金を借りるなら銀行カードローンと消費者金融のどちらが良い?

上記で簡単に銀行と消費者金融の違いについて解説しましたが、どちらが良いではなく自分に合った方を選ぶと良いと思います。

結局お金を借りると言っても人それぞれ資金使途も違いますし、借入希望額も異なるので消費者金融が良いのか銀行が良いのかは一概に言えないのです。

ですが、消費者金融でお金を借りた方が良い人と、銀行でお金を借りた方が良い人の特徴がありますので、簡単にまとめておきます。

銀行カードローンを利用した方が良い人

  • 総量規制以上の高額の借入をしたい人
  • 長期的にお金を借りたい人
  • 低い金利でお金を借りたい人

以上のような場合は銀行カードローンでお金を借りる事をおすすめします。

消費者金融カードローンを利用した方が良い人

  • とにかく急ぎでお金が必要な人
  • 短期間で50万円以下の借入を希望している人
  • 会社や家族にバレたくない人

以上のような場合は、消費者金融カードローンでお金を借りる事をおすすめします。

大まかに分けると上記のような感じになります。

ですから、お金を借りる目的に合わせて上手く使い分けると良いと思います。

要するに、某大手消費者金融のCMでも言っていましたが「ご利用は計画的に!」という事ですね。

今日中にお金を借りる方法は即日キャッシング

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!