個人信用情報機関のブラックリスト

みなさん「ブラックリスト」と言う言葉を聞いたことがありますか?ブラックリストはクレジットカード、ローン、キャッシング等を利用した場合、「信用情報機関に」に登録されます。そして、実際に借入したお金の返済が、ある一定期間滞ったり、破産が生じた場合に事故情報(異動情報・延滞情報・ネガティブ情報)として個人信用情報に登録されてしまいます。このような状況の事をブラックリストと呼んでいます。ですから、ブラックリストと言うリストが存在するという事ではないです。

【事故情報=ブラックリスト】

つまり、ブラックリストと言うリスト事態は存在しませんが、実際に個人信用情報に事故情報として登録されてしまっているという事です。そこで、ブラックリストに載ると人生が終わったと言う人がいますが、そんなことはありません。ある一定期間が過ぎると、その事故情報も消えるのです。

ブラックリストに載るとできない事

ブラックリストに載ってしまうと、いろいろと不便になります。しかし、生きていけないわけではないので、そこまで深刻に考える必要もないでしょう。ではブラックリストに載ってしまうと何ができなくなるのか?という事で、以下に記載しておきます。

ブラックリストになるとできない事

  • 銀行や消費者金融からお金を借りる事が出来ない
  • 自動車ローン・住宅ローン・その他ローンが組めない
  • お手持ちのクレジットカード等が使えなくなる

以上の事が出来なくなります。確かに不便なのですが、人生が終わったと言うほどでもないと思います。お金を借りる事はできないが、仕事さえしていれば生活はできます。しかも、後ほど説明しますが、ある一定期間が過ぎれば新たにローンを組んだり、キャッシングやクレジットカードでショッピングできるようになりますので、ご安心ください。

ブラックリスト(事故情報)の管理は?

事故情報の管理は信用情報機関と言うところが管理しています。銀行や消費者金融その会員になっていて、個人信用情報を見る事が出来ます。あくまでも本人の同意の元ですが。キャッシングやローンを申し込むときに同意を求める項目があると思うのですが、そこにサインをした時点で個人信用情報の開示の同意をしたという事になるのです。

ですから、以前の記事でも申しましたが、キャッシングやローン申し込み時に、虚偽の申告をしたところで、全てお見通しという事です。ですから、事故情報が無い方は審査に影響する為、虚偽の申告はしない方が良いという事です。借入状況も全て記載されています。この個人信用情報に事故歴が載ってしまうと、あらゆる金融取引が制限されてしまいます。

その個人信用情報には、過去の借入状況や、完済情報、延滞情報等の内容が全て記載されています。さらに信用情報機関は1社ではなく3社あります。「全国銀行協会」「CIC」「JICC」です。全国銀行協会は名前の通り、銀行系の信用情報機関です。CICはクレジットカード系の信用情報機関です。JICCは信販会社によるクレジットカード・キャッシング系の信用情報機関です。

以上の3つの信用情報で管理されていて、それぞれの事故歴が記載されています。それから、各信用情報機関で事故歴が消える期間が種類によって異なります。

ブラックリストが消える期間・確認方法

それでは、問題のブラックリストは意図的に消せるのか?という疑問について考えていきたいと思います。

答えは「NO!」です。しかし、ある一定期間が経過すれば、自動的に消えます。ですから、事故情報消します!という様な広告には十分ご注意ください。詐欺の可能性もあります。では、どのくらいの期間を経たら、事故情報が消えるのか、なのですが以下にまとめましたので、ご覧下さい。

全国銀行協会

  • 延滞⇒5年
  • 代位弁済⇒5年
  • 任意整理⇒5年
  • 自己破産⇒10年

CIC

  • 延滞⇒5年
  • 任意整理⇒5年
  • 自己破産⇒7年

JICC

  • 延滞⇒1年
  • 任意整理⇒5年
  • 自己破産⇒5年
  • 強制解約⇒5年

上記の内容を確認してもらうとわかると思うのですが、通常の延滞だと5年経てばブラックリストから消えるという事です。しかし、勘違いしてはいけないのですが、あくまでも「事故の解消から」それぞれの年数が必要という事です。事故の解消とは、つまり借りたお金を完全に返済し終わってから、5年という事です。ですから、返済しないと一生消えないという事です。

ここが、みなさんよく間違われるポイントなのですが、必ず返済してください!そうでないと、それこそ一生ローンも組めないし、クレジットカードでショッピングもできないし、キャッシングもできません。ですから、少しずつでも構わないので、借りたお金は全額返済した方が良いという事です。

ブラックリストではないですか?事故情報の確認を!

今までに、クレジットカードやキャッシング、ローンの審査に落ちた事はないですか?1回や2回なら、落ちる事はありますが、何度申し込みをしても全ての審査が落ち続けているとなると、ブラックリストを疑ったほうが良いかも知れません。落ちるはずがない審査に落ち続けるのは普通ではありません。過去になにか事故を起こしている可能性が非常に高いです。

あなたが事故を起こしていない場合でも、あなたの奥さん、旦那さん、兄弟、姉妹、親、友人等の保証人になった、知らぬ間に保証人になっていた、知らぬ間に名義を使われていた、なんて事も良くあるお話です。本人が悪くなくても、あなたの名義を利用した人が事故を起こせば、あなたにも影響します。ですから、クレジットカードやローン審査に何度も落ちる場合は、各信用情報機関に問い合わせて、個人信用情報を取得してみると良いでしょう。

それで、全てが分かります。もしかしたら、あなた本人が知らない間に事故を起こしていたと言う事も十分にありえるお話なので、一度確認してみることをおすすめします。個人信用情報の開示方法は、各信用情報機関のホームページより、取得することが可能です。以下にリンクを張っておきますね!

全国銀行協会
CIC
JICC

過払い金請求でブラックリストになりました!

「グレーゾーン金利」聞いたことがありますか?グレーゾーン金利についてはこちらに少し記載していますので参考にしてみてください。グレーゾーン金利が違法となってから、過払い金請求をする方が急激に増えました。その時多くの金融機関は、この過払い金請求に応じたのですが、請求した側の人達は「債務整理」として扱われ、信用情報機関に事故情報として記録されました。

しかし、金融庁は「過払い金請求は顧客の正当な権利で、信用情報とは直接の関係が無い」という事を発表したので、それ以降は信用情報に事故情報として記録されなくなりました。ですが、金融庁の発表前に、過払い金請求をした場合は、すでに登録されている可能性があるのです。それを知らずに、クレジットカードやローン審査を申し込んでも通るはずがないのです。

ですから、完済後の過払い金請求の経験があり、それ以降にクレジットカードやローン申し込みをしたが、一切通らないという方は当時利用していた金融機関(消費者金融等)に事故情報を取り消しを依頼して削除してもらうようにしましょう。詳しくは、弁護士等に相談してみる事をおすすめします。

今日中にお金を借りる方法は即日キャッシング

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!