申込みブラックとは?

みなさん「ブラックリスト」は聞いた事があると思いますが、「申込みブラック」は聞いた事がありますか?おそらくないと思います。そこで今回は、キャッシングを利用していくうえで、申込みブラックにならない為に、少し勉強しておきましょう。

申込みブラックとは、短期間の間に複数の銀行カードローンや消費者金融のキャッシング、クレジットカードの申込みをしている場合、ある一定期間、審査に通らなく(通りにくく)なる状態の事を言います。今まで、キャッシングやカードローンを利用したない方でも、短期間で同時に複数の申込みをするとこのような状態になります。

なぜ、このような状態になるのか?なのですが、消費者金融や銀行にカードローンを申込むと、必ず審査があります。この審査は、申込者に返済能力があるか?きちんと仕事をしているか?等々をチェックされます。そして、必ずチェックされるのが個人信用情報です。個人信用情報には、過去の債務履歴がすべて記録されています。それから、いつどこの金融機関にキャッシングの審査を申込みをしたか、と言うことも分かります。

つまり、短期間で複数の貸金業者に審査申込みをしていると、「相当お金に困っている人」と見られます。そんな人にお金を貸し付けて大丈夫か?と金融機関は思います。あなたも自分の立場になって考えてみると分かりますよね!

例えば、あなたの友人のA君とB君がいて、A君はあなたにだけお金を貸してほしいと相談してきたとします。一方B君はあなたも含めてあなたの親友10人にお金を貸してほしいと相談していたとします。あなたなら、どちらの友人にお金を貸しますか?わたしならA君にお金を貸します。A君ならきちんと返済してくれそうだけど、B君は多重債務になって、自分が貸したお金は本当に返ってくるのか不安になると思います。

これと同じように、銀行カードローンや消費者金融に複数の申込みをしている方には、金融機関も審査を厳しくします。こうなると、いわゆる「申込みブラック」と言うことです。一定期間審査が通りにくくなる、もしくは通らなくなります。

申込みブラックを回避するには?

申込みブラックを回避する方法はとっても簡単です!「短期間で複数の申込みをしない」と言うことです。では、短期間とはどれぐらいの期間の事を言うのか?と言う事なのですが、一般的には1ヶ月と言われています。複数とは何社目から?と言う質問もはっきりとした定義がないので一概には言えませんが、よく言われるのは次のような感じです。「1ヶ月以内に3社以上の申込みは、短期間の多重申込みと判断され「申込みブラック」になりやすい」と言うことです。

ですから、申込みブラックを回避する為には、1ヶ月で2社までの申込みで止めておきましょう。因みに銀行カードローンの場合だと、他1社の申込みがあるだけで、審査に通らないという銀行もあります。

申込みブラックになったらどうすれば…

1社落ちたからもう1社、また落ちたからもう1社、と審査に通るまで何も知らずに申込みを複数してしまった場合は完全に申込みブラックと言えるでしょう。
ではどうすれば…
申込みブラックになってしまった人は、ある一定期間空けないと申込みをしてもまた審査に落ちます。なぜなら、個人信用情報に、申込み情報がすべて記録されているからです。ですから、個人信用情報に記録された申込み情報が消えるまで待たないといけないと言うことです。

ではどれぐらいの期間で、申込み情報が消えるのかなのですが、信用情報機関は全部で3機関あります。「全国銀行協会」「CIC」「JICC」です。おそらくどの機関もはじめて聞く方がほとんどだと思います。この3つの機関にあなたの過去の債務履歴がすべて記録されています。

そして、3つの公式サイトを見てみると、各信用情報機関共に6ヶ月となっていました。つまり、申込みした情報は6ヶ月間は消えないと言う事です。ですから、短期間で3社以上の申込みをして、全ての審査が通らなかった方は、申込みブラックになっている可能性が非常に高いので、次は半年後にチャレンジしてみてください。そのほうが、むきになって何社も申込みをするよりも、断然審査に通る確立が高まります。しかし、半年後に再度審査に落ちるような事があれば、あなたの信用情報を疑ってください。「ブラックリスト」の可能性があります。

今日中にお金を借りる方法は即日キャッシング

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!