プロミスの審査と在籍確認の方法

大手消費者金融はプロミス、アコム、アイフル、モビット、ノーローンが有名ですが、中でも人気があるのはプロミスです。特にはじめてのキャッシングの場合はプロミスが選ばれている人が多いみたいです。選ばれている理由はたくさんありますが、やはり「安心感」ですね。プロミスは「三井住友フィナンシャルグループの一員であるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス」です。

三井住友フィナンシャルグループと聞いて知らない人はいないと思います。それぐらい知名度があるグループの消費者金融ですし、「30日間無利息サービス」という、お得なサービスがあるのも人気の理由です。それから、もう1つの人気の理由が審査にあります。それは、後ほど説明させていただきます。
※30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要です。

スポンサーリンク

プロミスのキャッシング審査

キャッシングをする際は、銀行でも消費者金融でも必ずあるのが審査です。この審査に通らなければ、キャッシングをする事はできません。では、一体何を審査しているのか?という事なのですが、第一に申し込み人に「返済能力」があるのか?と言うところです。この返済能力は何をもって審査するのかと言うと「勤務先・年収・勤続年数」がメインです。

これは、きちんと会社に勤めているのか、年収はどれぐらい貰っているのか、何年務めているのか、と言う事を申し込み時に申告しなければいけません。そしてこれらの情報と併せて審査されるのが、過去の履歴(個人信用情報)に延滞や滞納が無いかを見られます。その他の細かいところは、家族構成、自己、家族所有の住宅もしくは賃貸、現在の他社での借入状況等を見られます。審査基準は勤続年数が1年以上、年収200万円以上と言われていますが、あくまでも目安で、アルバイトの方やパートの主婦の方でも、実際に審査に通っているのも事実です。

このような内容を見れば、とても厳しい審査で、審査に通らないと思われがちですが、ぞんな事はありません。安定収入があり、過去の借入等で問題を起こしていなければ、ほとんどの人が審査に通ります。アルバイトやパートの人でも、通るぐらいの審査なので特に心配する必要はないでしょう。

借入限度額は審査内容で変わる

借入限度額は、何処の消費者金融でも審査基準が似ている為あまり差はありませんが、初回借入時は、50万円以下となる場合がほとんどでしょう。審査内容によっては、20万円や30万円、アルバイトの方の場合だと、10万円になる場合もあります。こればかりは、申し込みをしてみないと、一概には言えないのですがはじめから、アルバイトだから10万円と決めてしまわずに、希望額の申し込みをしてみると良いでしょう。

しかし、消費者金融の場合は「総量規制」の対象になりますので、申し込み自体できない場合もありますので、事前に確認しておきましょう。総量規制について簡単に説明しますと、年収の3分の1までしか借入できないという事です。詳しくは、こちらの記事に書いていますので、気になる方はご確認ください。

借入限度額なのですが、審査内容により異なるのですが、要は信用の問題です。会社員の方は特に心配する必要はないのですが、何処の消費者金融でも厳しくみられるのが「自営業者の方・派遣社員の方・パートの方・アルバイトの方」です。しかし、全くダメと言うわけではないので、気を落とさないでください。

それから初めは、限度額は低いのですが、利用していくうちに返済実績で信用が付いていくので、限度額を引き上げてもらう事もできます。ですから、はじめは借入限度額が低くても遅れることなくしっかりと返済をしていると、プロミスの方から「限度額の増額の件」で連絡が入る事もあります。その時に、希望であれば増額してください。

プロミスの在籍確認

キャッシングの申し込みをすると、審査がある事は分かっていただけたと思いますが、みなさんが一番ネックに思っているのが「在籍確認」です。これは、実際にキャッシング申し込み本人が記入した会社に勤めているか確認する審査です。その確認方法が、みなさん嫌でキャッシングをあきらめる人もたくさんいます。しかし。冒頭でも述べましたが、プロミスが人気の理由の1つに審査があると言いました。それが、この「在籍確認」なのです。

どういう事かと言いますと、消費者金融や銀行でカードローンを申し込みをすると、必ず審査内容に在籍確認があります。この在籍確認は消費者金融の方があなたの会社に電話をかけて「山田ですけど、池田さんいますか?」みたいな感じで、実際にそこの会社に申し込み人が務めているかの確認をとります。

もう気づいた方もいるとは思うのですが、消費者金融は決して「プロミスですや、アコムです」とは言いません。必ず個人名で、連絡をしてきます。だから、ほとんどバレる事は無いでしょう。それに、あなたが電話に出た場合は、あなたと分かってから金融機関名を名乗りますので安心です。

人気のカードローンランキング

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!